【Valorant】VCTサーキットポイントとは?VCT Champions 2021について詳しく解説。

【Valorant】VCTサーキットポイントとは?VCT Champions 2021について詳しく解説。

Valorant Champions Tour 2021とは?

VCT公式Twitterより

Valorant Champions Tour(通称VCT)は、Valorantの世界王者を決める公式大会です。

Stage1・Stage2・Stage3・Championsから構成されており、「Champions」がVCTの集大成であり、世界王者を決める最終トーナメントになります。

また、各ステージは地域予選であるChallengersと世界大会であるMastersに分かれています。

5月に行われた世界大会はStage2のMastersとなり、7月からはStage3の予選が始まります。

VCTサーキットポイントとは?

ではChampionsに出場するためには一体どうすればよいのか。

これはサーキットポイントと呼ばれる出場資格ポイントを各ステージで貯め、各地域のポイント上位チームが出場できるという仕組みになっています。

各地域で出場できる人数は違いますが、日本からはサーキットポイント上位1位のチームがChampionsに出場することができます。

※EMEA:上位2チーム
 NA:上位2チーム
 ブラジル:上位2チーム
 東南アジア:上位2チーム
 ラテンアメリカ:上位1チーム
 韓国:上位1チーム

 

現在のサーキットポイント

Crazy Raccoon250pt
Absolute Jupiter130pt
REJECT100pt
Lag Gaming40pt
Fennel30pt
Northeption30pt
SCARZ30pt
Fav Gaming0pt

現状はStage1・Stage2を制覇したCrazy Raccoonが1位となっています。

Fav Gamingが0ptとなっているのは、Fisker・Minty・HoT_Chocol4tE選手の離脱があったためです。

サーキットポイントは、Stage1・Stage2のメンバーが少なくとも3人残っていないと失効してしまいます。

Stage1・Stage2でFav Gamingは75ptを所持していましたが、移籍の結果0ptになりました。

Stage3獲得サーキットポイント(Challengers)

1位・2位0pt(Masters出場)
3位60pt
4位50pt
5・6位45pt
7・8位40pt

1位・2位のチームはMastersに出場し、そこでサーキットポイントを獲得するので、Challengersでの獲得ポイントはありません。

Stage3獲得サーキットポイント(Masters)

1位Champions出場
2位375pt
3・4位325pt
5-8位275pt
9-12位225pt
13-16位175pt

以上がChallengers・Mastersのサーキットポイントです。

Crazy Raccoon以外のチームがChampionsに出場するには、Mastersに出場することが大前提です。

また、Crazy Raccoonの順位次第では、Mastersである程度上の順位も取る必要が出てきます。Stage1・Stage2の成績から順当に行けば、Champions一番の候補はCrazy Raccoonとなるでしょう。

また、サーキットポイントが溜まっていなくても、Stage3 Mastersで優勝すればChampionsに出場することができます。

Championsの出場者はサーキットポイントだけでなく、Stage3 Mastersの優勝者、そして次に説明するラストチャンス予選(LCQ)の各地域優勝者になります。

ラストチャンス予選(LCQ)に関して

Championsは世界各国16チームで行われます。

そのうち11チームはサーキットポイントによる選出、1チームはStage3 Masters優勝チーム、残り4チームはラストチャンス予選によって決められます。

このラストチャンス予選は、北アメリカ・南アメリカ・EMEA・APAC(日本・韓国・東南アジア)の4地域で行われ、それぞれの覇者がChampionsに出場します。

そしてこのLCQに出場するチームも、サーキットポイントで決められます。

日本からはサーキットポイント2位・3位のチームがLCQに出場。韓国からも2位・3位のチーム。東南アジアは3・4位のチームが出場します。

この計6チームの中で優勝したチームがChampionsへの資格を得ることができるのです。

日本チームのサーキットポイントは、Crazy Raccoonを除いてそこまで差が大きいわけではないので、Stage3の結果次第でどのチームが出場するのかガラリと変わってくるかも知れません。

Stage3の見どころの1つと言えるのではないでしょうか。

まとめ

  • サーキットポイントはVCTの集大成である、Championsに出場するために必要。
  • Championsはサーキットポイントから11チーム、Stage3 Masters優勝の1チーム、LCQ制覇の4チームで行われる。
  • LCQはサーキットポイント上位2チームが日本から出場

いかがでしたか?

上の要点をおさえて、サーキットポイントについて理解すれば、VCTをより楽しめると思います!

7月4からはじまるOpen Qualiferにも注目ですね。

Valorantカテゴリの最新記事