【Valorant】もうVCで困らない!Valorant用語集。【随時更新】

【Valorant】もうVCで困らない!Valorant用語集。【随時更新】

みなさんこんにちは。Valorant楽しんでますか?

最近ではVCTなどの影響もあってか、新規ユーザーも増え、盛り上がってきている様に思えます。

しかしやはり他のゲームから移行してきたユーザーが一度はぶつかる、用語の壁。

VCが重要なValorantにおいて、MAP名称などの用語を抑えておくことはかなり重要です。

今回の記事では、ValorantのVCでよく使われる用語を解説していきたいと思います。

随時更新していくので、こんな用語もある!という場合は是非コメントよろしくおねがいします。

MAP名称編

TR側(テロリスト側)

アタッカーサイドのこと。CSGOを始めとする爆破系FPSでは、アタッカーとディフェンダーがテロリストとカウンターテロリストと言う名称でした。

その名残もあってか今でも「テロリスト側」という人はよくいます。CSGOから移籍してきたプロの人もよく使っているのを聞きますね

CT側(カウンターテロリスト側)

ディフェンダーサイドのこと。

ロング

長い通路のこと。バインドのBが代表的ですね。

MAP名ではロングとなっていなくても、長い通路のことを総称して「ロング」と呼ぶ人もいます。

ショート

短い通路のこと。バインドのAなどはショートと呼ばれることが多いのではないでしょうか。

「Aショート」のように、サイト名に付けて呼ぶことが多いです。

ミッド

マップの真ん中のエリアを総称して呼びます。代表的なのはアセントのAB間でしょうか。

また、「センター」と呼ぶ人もいます。

○トン

トンネルのことです。スプリットのBメインなどを「Bトン」と呼ぶことが多いです。

ヘブン

高所のことを総称して呼びます。

MAP上で、「タワー」や「ラフター」と表示されている場所を指すことが多いです。

ヘイブンのAの高所や、スプリットのAの高所が代表的です。

フッカー

バインドのBウィンドウのことです。

海外の人がよく使っているのを聞きます。

TP

バインドのテレポートのことです。

TPした!のように使うことが多いです。

DD

ダブルドアのことです。ヘイブンのBC間にある、ガレージのドアを指します。

設ポ(せっぽ)

設置ポジションの略

リス

リスポーン地点の略。自リス・敵リスと呼んだりします。

戦術編

ラーク

1人で別行動し、敵の裏取りや陽動などを行うこと。ラークをする人のことを「ラーカー」と呼んだりもします。

ピーク

遮蔽物から身体を出すこと。

ダブルピーク

2人同時に遮蔽物から身体を出すこと。同時に身体を出すことで、1人ずつやられるのを防ぎ、同時に射撃することができます。

ジャンプピーク

ジャンプしながら身体を一瞬だけ出し、相手がいるかどうか確認する技術。

敵がオペレーターなどで置きAIMしていると思われるときに、よく使います。

キープ/セーブ

今回のラウンドは諦め、生存することによって武器を次のラウンドに持ち越す行為。

1vs5になってしまい、ヴァンダルやオペレーターを持っているときはセーブするときもあります。

クロス

クロスファイアの略。敵をはさみ撃てるような射線を2人で作ることを指します。

エントリー

サイトに一番最初に突入すること。また、その役割のことを指します。

ローテ

ローテートの略。サイトに寄っている・流れていると言う意味です。

「AからBにローテしてる」のように使います。

ラッシュ

大人数で一気にサイトに攻め入ること。

フェイク

本命の攻め場所とは違う方にアクションをかけ、敵を揺さぶること。

エコ

現ラウンドでの購入を控えること。次ラウンドで購入するためにクレジットを節約する行為。

フォースバイ

無理買いともいう。現マネーで揃えられる限界の武器を買うこと。

ヒーローバイ

クレジットがないラウンドで、チーム内の強い人に武器・装備を託すこと。

IGL

In Gamer Leaderの略。試合中における全体的な指示を出す役割。

Valorantカテゴリの最新記事