【Valorant】TenZ流AIM感度調整法を解説!さらに使用デバイスや感度設定も紹介

【Valorant】TenZ流AIM感度調整法を解説!さらに使用デバイスや感度設定も紹介

みなさんこんにちは。Valorant楽しんでいますか?

Valorantをやる中でどうしても付きまとうのが、感度の悩み。ローセンシがいいのか、はたまたハイセンシがいいのか・・・。

プロの感度もバラバラで、誰を参考にしていいのかわからない・・・。

そんなあなたのために(?)、VCT STAGE2 MASTERSで優勝したSentinels所属の最強プレイヤー、TenZがAIM感度調整法を紹介していたので、解説します。

TenZのTwitter:@TenZOfficial
Twitch:TenZ
YouTube動画:Tenz – How to find perfect sensitivity!

手順① 基準となる感度を算出する

まずは最初の基準となる感度を見つけましょう。

今回基準とするのは、Valorantプロの平均マウス感度(eDPI)です。

Prosettings.netから算出して、280eDPIとなりました。

※eDPIは「マウスのDPI×ゲーム内感度」で算出された数値のことです。

この算出された280eDPIという数字を、自身のDPIで割りましょう。

400DPIとすると、280eDPI÷400DPI=0.7となりました。これが最初の基準となるゲーム内感度となります。

この0.7を1.5倍した数値を最初のハイセンシ(この場合1.05)、0.5倍した数値をローセンシとします。(0.35)

これで最初の基準値を作成できました。

手順② ハイセンシとローセンシを試す

先程作成した基準値の、ハイセンシとローセンシを試してみましょう。


射撃訓練上で、BOT撃ちしてみたり、フリックの練習をして使用感を確かめます。


そして、より使いにくかった方を削除して新たなミドルセンシ(基準)を作成します。


もし、ハイセンシ(1.05)がより使いにくいと感じた場合は、先程のミドルセンシとローセンシを使って新たな基準を作成します。


(0.7+0.35)÷2=0.525


この0.525と言う数字が新たなミドルセンシとなります。

手順③ ②を繰り返す

ここまできたらあとは同じ、先程の手順②を繰り返すだけです。

新たな基準である0.7を試して、使いにくい方を削除。また新しい基準を作って削除・・・。


これを繰り返して理想の感度を見つけ出します。後半になってくると、感度も細かくなってくるので違いも感じにくくなるでしょう。


そうして見つけられた感度があなたの理想の感度です。

まとめ

いかがだったでしょうか。


今までなんとなくで見つけていた感度を、こうしてシステマチックに決めてみるといいかもしれません。


そうすれば、「自分は感度があっていないんじゃ・・・」というよくある雑念を振りほどいてゲームに集中できます。


ぴったりの感度で、撃ち合いがちょっと強くなるかも?


ここまで読んでいただきありがとうございました、最後にTenZ選手の使用デバイスや感度を紹介して終わります。

TenZ選手 使用デバイス

マウス ENDGAME GEAR XM1R

マウスパッド ARTISAN ゲーミングマウスパッド 零

モニター ZOWIE XL2546

キーボード HYPERX ALLOY ORIGINS CORE

ヘッドセット Sennheiser GAME ZERO

TenZ選手 マウス感度

DPI800
ゲーム内感度0.485
eDPI(DPI×ゲーム内感度)388
スコープ感度倍率1

Tenz選手はAIMLAB(エイム練習ソフト)も、Valorantの感度に合わせて練習しています。ちなみにosu!の感度は1.3だそうです。

Valorantカテゴリの最新記事