【Valorant】NAとJPのメタの違いは?VCT Stage3 Playoffsのキャラ構成を比較してみた。

【Valorant】NAとJPのメタの違いは?VCT Stage3 Playoffsのキャラ構成を比較してみた。

こんにちは。

今回の記事では、日本とNorth AmericaのVCT Stage3 Playoffsを参考に、各マップのキャラ構成を分析してみました。

今回のPlayoffsはZeta DivisionがアセントでKAY/Oをピックしたり、スプリットではブリムストーンをピックするなど、サプライズもありました。

果たして世界の構成は、どのようになっているのでしょうか?

今回はブリーズ以外の5マップを分析してみました。ブリーズは日本であまりピックされることがなかったため、今回は割愛しています。

※NAの分析チームとしては、Playoffs上位3チームであるSentinels・100 Thieves・Team Envyを参考にしました。

バインド

各チームのバインドの構成はこのようになっています。

バインド以外では、ジェットが基本的にデュエリスト枠となりますが、バインドではレイズが最も使用されています。

またアストラ採用率の高さも、今のメタを物語っているのではないでしょうか?

アイスボックス

続いてアイスボックス。アイスボックスはかなり構成が決まっており、チームごとの違いが少ないマップとなっております。

ジェット・ヴァイパー・ソーヴァ・セージ辺りはほぼ必須ピックと言えます。

また、他のマップでは採用率の高いスカイも、このマップではあまり見られません。

アセント

続いてアセント。Zeta DivisionやSentinels・100 ThievesはKAY/Oを構成に組み込んでいます。

まだまだ賛否両論あるKAY/Oの可能性が、少しづつ見いだされています。

スプリット

続いてはスプリット。Zeta Divisionがヴァイパー&ブリムストーンの2コントローラー構成を持ち出してきました。

セージがほぼ必須ピックとも言えるこのマップ。Team Envyと100 Thievesはセージ抜きのKAY/O構成でした。

ヘイブン

最後はヘイブン。ここもスカイ採用率の高さが伺えます。

Zeta DivisionはTakej選手を活かしたレイナ構成。SentinelsはSick選手がフェニックスを使用しています。

ノーセプションはヴァイパー構成。B設置に対するスポーン側からの空爆はかなり強力でした。

Valorantカテゴリの最新記事