【Valorant】KAY/Oが強いマップは?NA・EU・日本プロのキャラ構成から分析してみた。

【Valorant】KAY/Oが強いマップは?NA・EU・日本プロのキャラ構成から分析してみた。

みなさんこんにちは。

KAY/O上手く使えていますか?

スキル自体は強力なKAY/Oですが、フラッシュなど少し癖があり、上手く使えていないという人は多いのではないでしょうか?

またどこのマップで使うのが強いのか、メタがはっきりしていないためわからない人も多いでしょう。

今回の記事では、NA・EU・日本のチームを参考に、KAY/Oが強いマップを考察してみました。

なお、KAY/Oは多くのリージョンでWeek2から使用可能になったため、Week2のデータを参考にします。


KAY/Oの基本性能はこちらから

KAY/O ピック率

日本NAEU
全体23%29%14%
バインド30%29%13%
アセント24%45%18%
ヘイブン22%43%20%
スプリット13%31%18%
※Week2を参照。NA・EUはMain Eventが進行中なので、変更可能性あり

ピック率はこのようになっていました。NAが特にKAY/Oの採用率が高かったです。

日本はバインド・NAはアセント・EUはヘイブンでKAY/Oを最も採用していました。

KAY/O 採用構成

それでは実際にKAY/Oが採用されていた構成の中からピックアップして紹介します。

バインド

Fennel

Fav gaming

Team Liquid

Team liquidはKAY/Oを積極的に採用していたチームで、ヘイブン・スプリットでも採用していました。

ScreaM選手がKAY/Oを使用しています。

アセント

Gen.G

ヘイブン

Team liquid

Team liquidはヘイブン・スプリットで、KAY/Oを採用した0デュエリスト構成でMain Eventに出場していました。

連携力の賜物なので、ランクマッチでこの構成が刺さるかといえば微妙でしょうが、なかなか興味深い構成です。

スプリット

Team liquid

まとめ

いかがでしたか?

採用率から見るに、KAY/Oをピックしやすいマップはバインド・アセントでしょう。

8月12日から始まるVCT Stage3 JAPAN PlayoffsでKAY/Oをピックするチームがいるのか、注目です。

Valorantカテゴリの最新記事