【Valorant】VCT Stage3 Playoffsから見る、各地域ごとのエージェントピック率!最も使用されているエージェントは?

【Valorant】VCT Stage3 Playoffsから見る、各地域ごとのエージェントピック率!最も使用されているエージェントは?

今回の記事では、先日行われた「Valorant Champions Tour Stage3 Playoffs」から、各地域ごとのエージェントピック率を分析してみました。

日本ではソーヴァ・ジェット・スカイ辺りが、多くのマップでの必須ピックになっていると言えます。世界ではどうなのでしょうか?

また、KAY/Oの使用率についても分析しています。


VCT Stage3 Masters出場選手のデバイス一覧はこちら

各地域のエージェントピック率TOP5&KAY/O

これが各地域ごとのエージェントピック率TOP5となっています。

どの地域でもジェットが最も使用されているエージェントです。サイファーのワイヤーを突破できない、等のナーフがあってもなお、ジェットは強力であると言えそうです。

そしてソーヴァも同様に各地域の必須ピックと言えます。


スモーク役としては、アストラ・ヴァイパーがかなり浸透しています。ヴァイパーはアイスボックス・ブリーズでのピック率が高いことが原因でしょう。


KAY/Oの使用率は、高くても14%。日本ではZeta Divisionが構成に組み込んでいました。

NA(North America)ではあのSentinelsも構成に組み込んでいました。世界大会でKAY/Oが採用されるのか、要注目です。

Valorantカテゴリの最新記事