【ApexLegends】元sFのメンバーが移籍した新チームG2 Esportsについて紹介。移籍理由なども詳しく解説。

【ApexLegends】元sFのメンバーが移籍した新チームG2 Esportsについて紹介。移籍理由なども詳しく解説。

G2 Esportsとは?

G2 esports公式Twitterより

G2 Esportsはドイツ・ベルリンに拠点を構えるプロゲーミングチームで、2015年に設立された。オーナーはLeague of Legendsの元プロであるOcelote選手である。

Apex Legendsだけでなく、League of LegendsやCSGO、Valorant部門など多数ゲームタイトルの選手が所属し、世界トップ5のゲーミングチームとも呼ばれる。

sFの給料未払いからG2 esportsへ移籍

そんなG2 esportsのメンバーは、元sF(SolaFide)の3人のメンバーで構成されている。sFからG2 esportsに移籍した理由として、メンバーのGentrifyinq選手は「合意した給料が長期間払われなかった」とツイートしている。

G2 ツイート
G2 Gentrifyinq選手のツイート

このような経緯でGentrifyinq選手・Dezignful選手・Resultuh選手の3人はsFから脱退し、FA希望の旨を発表した。

そして2021年6月、元sFの3人はG2 esportsに加入することとなった。

元sFメンバーの大会実績

  • 2021年3月 ALGS Winter Circuit Playoffs – North America 2位
  • 2021年2月 ALGS Winter Circuit #3 – North America 2位
  • 2021年1月 ALGS Winter Circuit #1 – North America 優勝
  • 2020年12月 ALGS Autumn Circuit Playoffs – North America 2位

Gentrifyinq選手・Dezignful選手・Resultuh選手の3選手は2020年11月からsFに参加、短期間で素晴らしい成績を残している。

G2 Esportsは3人ともコントローラープレイヤーで、その持ち味を活かした対面の強さなどにも注目のチームである。

G2 Esports Apex部門 メンバー紹介

Dezignful

Dezignful選手 本人Twitterより

1人目に紹介するのはDezignful選手。年齢は22歳、G2 esportsのリーダーを務める選手である。

ALGSでのMVPを4回も獲得しているプレイヤーであり、間違いなくトッププレイヤーと言えるだろう。

またインタビューでDezignful選手は、好きなプレイヤーとしてTSMのSnip3down選手を挙げていた。やはりSnip3downはコントローラーのレジェンド選手なのだろう。

使用キャラは主にブラッドハウンド。Snip3downに引けを取らない対面の強さは脅威である。

Twitter:@G2Dezignful
Twitch:Dezignful

Resultuh

Resultuh選手 本人Twitchより

2人目に紹介するのはResultuh選手、現在25歳で彼もまたコントローラープレイヤーである。

次に紹介するGentrifyinq選手もそうだが、この3人は元々PS4の競技シーンで活動していた。

キャラは主にジブラルタルを使用している。

Twitter:@G2Resultuh
Twitch:resultuh

Gentrifyinq

Gentrifyinq選手 本人Twitterより

最後に紹介するのはGentrifyinq選手。彼もまた22歳で、Dezignful選手と同い年である。

対面の強さはもちろんだが、PADプレイヤーとは思えないスナイパーの当て感もある。ALGS Grand FinalsでもGentrifyinq選手のクレーバーを見ることができるかもしれない

Twitter:@G2Gentrifyinq
Twitch:Gentrifyinq

ALGS Championshipでの活躍に期待

ALGSのロゴ
EA公式より

コントローラープレイヤー3人という異色のチームであるG2 Esports。sF時代から活躍していた3人だけに、これからの大会成績は非常に注目である。

ALGS Championshipでの活躍にも期待ができそうだ。

Apex Legendsカテゴリの最新記事